オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

こないだの週末は久々に好天候だったので、ざくろ号とお出かけ。午前中に家を出て、まず北谷にあるサンセットビーチへ。
サンセットビーチでスタバのコーヒーを飲みながら、次はどこへ行こうかと観光客必需品ガイドブックを手にした。めらめらとページをめぐると、とてもきれいなビーチの特集が記載されていた。眺めていると、沖縄本島にもきれいなビーチがあることに気付く。これまでは沖縄本島以外の離島のビーチにしか興味がなかったのだが、実は沖縄本島にも離島のビーチに引けをとらないきれいなビーチがあるのだ。自分としては最近のお気に入りのルートはR58、R58でざくろ号を走らせたいな~と思っていたので、R58を中心にビーチを探す。

そして、ざくろ号に乗り込み、最初のポイント、渡具知(とぐち)ビーチへ向かう。渡具知ビーチは読谷村にあって北谷からはほぼ10~15分位で行ける。
たどり着いてみると・・・・。
渡具知ビーチのすぐそばの公園では何やら外人さんのグループがわいわいやっている。それを横目にすたすたとビーチへ。ちいちゃなビーチで、何組みかの親子グループが磯遊びしていた。砂浜ではなく岩浜のビーチ。ほぉ~~。しかし、私の好きなビーチ像からはちょっと離れているような。
d0020587_22381686.jpgここで磯遊びができます。スノーケリングもできるらしい。そこでプラプラしていたら、沖の方から外人さんダイバー2名が。それなりのスキルがあればダイビングができるらしい。

そして、次はミッションビーチへ。そこは恩納村にあって、名護ほど遠くはないが渡具知ビーチからは車でR58を北上して30分~40分以上はかかったはず。
恩納村に差し掛かったとき、いくつかのリゾートホテルが並んでいて、おお~、観光客御用達のホテルだ~~と訳もなく感動?実にここを通るのは数年ぶりだ。ここまで来ると、交通量もぐんと減って非常に走りやすい。ただ、この時期はツーリングのバイクが多く走っているので要注意。でも気持ちよさそうだ。特にハーレーなんかはR58に似合うぜ。

そろそろミッションビーチなのでわ?と思った頃に、左手に「MISSION BEACH」と書かれた看板が見えた。それを目にした時はすでに入り口に入らずにそのまま通過してしまったほど、見落としやすく目立たない入り口だった。看板そのものは派手だったけど。

ここは日本なのだから、英語ではなく日本語で書いてくれよ~~っ。

仕方がなくUターンして、入り口に車ごと入ってみる。
が!看板が英語だらけ、注意書きも英語。

・・・・・。ここは米軍専用ビーチ?

最初は躊躇してしまったが、「ええいっ、行っちゃえ!」と先へ進んでみる。
駐車場らしきところにざくろ号を止めて、小さな建物のほうを見てみる。日本人グループがBBQをやっていた。私を見ても何も言わないところを見ると、ここは別に米軍専用ビーチでもなさそうだ。
ほっとしながら、ビーチへ出向く。
ほ~・・・。なかなか私好みのビーチである。どことなく阿嘉島のニシハマビーチに似ている。規模はミッションビーチの方が小さいが。
d0020587_237175.jpg問題の入り口?!日本っぽくないよ~~。

d0020587_238107.jpg静かでなかなかいいでしょ~。でもブイが邪魔だ。(写真では見えないけど)

d0020587_2391984.jpgちょっと離れたところ。きれいっしょ!向こうに見えるのが名護市だ。

ミッションビーチで休憩してから、他のビーチへ行こうかと思ったけど、次の楽しみにとっておきましょということで、そのまま那覇へ。

渡具知ビーチ、ミッションビーチへ行って気付いたことだが、オキナワでは11月だというのに、BBQをやっているグループがいた。11月じゃ、内地では海でのBBQは寒すぎてできないと思うのだが。

※ミッションビーチは夏季期間(おそらく)入場料300円払うことになっています。渡具知ビーチは年中無料で入れます。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-29 23:22 | photo

はるばる遠路名護まで。

昨日は勤労感謝の日。
こないだに続き、昨日も突発的に一人ドライブした。目的地は沖縄本島北部の名護の向こう、ちゅら海水族館と今帰仁城跡。

ざくろ号に乗り込み、まず、ルート確認。最初、R58を通って行こうかのと考えたが、改めて沖縄本島全体の地図を眺めてみると「けっ、遠すぎ!」ということで、高速を使って行くことにした。出発前にざくろ号にえさを与え、いざ出発っ。

一人ドライブの友はまず、地図である。これはとても欠かせない。そして、音楽CD。一人ぼっちのドライブなのでノリノリ陽気な音楽がいい。

高速を通って終点許田ICを降り、名護市内へ。ここまでがほぼ1時間だ。R58からR499へ入り、本部半島を走る。しかし、あいにく曇り空。残念だ。
前を走っていた車が「わ」ナンバー。さてはちゅら海水族館だな。その車についていったら、ほんとにちゅら海水族館に到着。おお。祝日だったので「わ」ナンバーの車がずらぁ~~。

ちゅら海水族館内に入ってみた。最初は浅瀬で見られる生物の観察コーナー。そこは素通り。私の目的はメイン水槽である。かつて1回訪れたとき、優雅に回遊する魚たちの世界に引き込まれてしばらく眺めていた。その時は余計なことを考えずに済むことができる。自分が「無」の状態になれるひと時だと思ふ。
メイン水槽の目玉といったら、やはり、ジンベエザメでしょう。そして、マンタ。

d0020587_2247477.jpgジンベエザメがやはり迫力あるぅ~。

そこでぽか~んと魚たちを眺めること30分。視線をふと、底の方へ落とす。おや?あれは何なんだ???

d0020587_2250125.jpgこ、これは?サメ及びエイの休息所か?ご丁寧にも並んで休んどるぞ。しかもエイがサメの上にのしかかっている・・・。


ちゅら海水族館を後にして、ざくろ号は世界遺産の1つである今帰仁城跡へ向かった。やっと念願の今帰仁城跡だ。
小高い丘へ上って駐車場にざくろ号を止める。城跡へ向かおうとすると、たて看板が。そこには「入場料を受付で購入してください」
は?お金をとるの?!座喜味や勝連はお金を取らなかったよ~?城跡は沖縄県が管理しているのではなく、その地域が管理しているらしい。
チケットを購入して、今帰仁城跡へ。ここにも座喜味城跡のようなアーチがあって、アーチの向こうには階段が見える。おお、絵になるで~。

d0020587_2383829.jpgここが入り口。見えにくいけどアーチがある。

d0020587_23105556.jpgアーチの下を通ると、目前に長~い階段が。大変趣きがあります。階段の両側にはいろいろな植物が。

d0020587_23144684.jpg城跡内で一番見晴らしのいいところに立ってみた。これは「万里の長城ミニチュア版だ!」と思ったのは多分私だけだろうね(笑)

今帰仁城跡は座喜味や勝連のそれよりももっとも規模が大きかった。それぞれ、味わいが違ってなかなか面白い。ほんとにそれぞれ個性があると思った。
しかし・・・悪天候だったので今度はぜひ晴天のときにまた訪れたいと思った私だった。

城跡見物の後は今帰仁村歴史文化センターへ寄った。まあ、どこも似たり寄ったりだったが、(読谷村の座気味城跡にも同じようなものがあった)そこで看板猫となっているらしい、猫ちゃんが玄関ロビーにかしこまって座っていた。せっかくなので携帯電話のカメラで撮影してあげた。

d0020587_23232253.jpg猫ちゃんよ、君の大好物は何かね?と問いかけてみたら、「うんにゃ新鮮な魚だにゃ。」なんて答えが返ってくる筈もなく、猫ちゃんは何も言わずにゴロゴロ寄り添ってくるだけだった。


しかしですね、さすがに一人で那覇-名護往復ドライブはきつぅございました。悪天候だったし。今度はどこへ行こうかの。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-24 23:37 | photo
ここ最近、オキナワは長袖なしでは過ごせなくなってきた。
意外とオキナワも肌寒い時があるんだねえとちょっとサプライズです。今まで冬季にオキナワへ来たことが1,2回位あるのだが、その時はもっと寒い内地からオキナワに来たということもあって、どっちかというと重ね着のお洋服1枚いらないね~という感じだった。
で、このまま行くと・・・もしかして暖房器具が必要になるのでわ?12月、1月、2月とだんだん寒くなっていくとなるとねえ・・・。ただでさえ部屋が狭いのに暖房器具なんてあんまり置きとうないです。う~む。対策を考えねば。最悪の場合は自分の部屋で寒さ我慢大会?!

ここ数日の天候ははっきり言ってよくない。連日曇りなり。早くお天道さまを見たいです。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-20 23:38 | 日記
昨日、おNEWの七分丈Tシャツを着た。
うん、なかなかいいじゃん。
そのシャツはナイチャーでは知られているオキナワTシャツの店で購入したものである。いわば、観光客向けのショップですね。
ふと、前面に書かれている英語が気になった。

「APPROVED FOR US FORCE」

・・・・・確か「US FORCE」って米軍のことだよなあ?
で、「APPROVED」って何だっけ?
調べてみると「賛成」。
・・・なんと「米軍に賛成」!?
おいお~~いっ!うち、米軍推奨派じゃないっす!
こういうの、オキナワでは着られない!!毎日毎日ローカルニュースで基地問題が流れているオキナワでこういうのを着て大手振って歩けまへん!

だが。私がこれから出かけるところにたどり着くまで、この英語の意味がわかる人間とどれだけすれ違うのだろうか?みんな、わかんないのでは?
と、迷ったのだがやはり他の長袖Tシャツに着替えたのでありました。

そのTシャツは袖が黒で胴の部分が白になっていて、店で目についたとき、英語の意味なんて考えずに「なかなかいいじゃん」とそのスタイルに惹かれて購入したのだが、今後より英語には気をつけよう。一歩間違えると、「豚」というタトゥーを腕に彫った外人さんと同じ目に遭っちゃいます。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-18 00:44 | 日記

識名園

こないだ、まじめにオキナワの文化に触れようと、識名園へ。

識名園とは・・・簡単におさらいすると、これもまた世界遺産、そして国指定特別名勝の1つで、琉球王朝時代に造られた琉球王家最大の別邸であり、国王一家の保養や外国使臣の接待などに利用されたところでもある。
17世紀後半に造られたのだが、沖縄戦によって壊滅的な破壊を受けたために、1975年より約20年の歳月と約8億円を費やしてようやく復元。

識名園の入り口で観覧料を払い、順路通りに回ってみる。やはりというか、見学者は年配者が多い。年配者に交じって識名園内の至るところにある見所を見学。じっくり見学すると気がつくのだが、識名園は中国文化と日本文化の両方から影響を受けていることがわかる。
首里城と違って派手さはないが、観光でオキナワに来て、時間が余って困ったな~って時に識名園を訪れるとよいでしょう。1時間あれば十分回れます。他の見学者は30分そこらへんで回ったようです。

以下の写真は識名園でこんなものを発見!
d0020587_23352835.jpgこれが識名園の御殿(ウドゥン)。中に入ってみると王様の別宅にしては案外狭い・・・。

d0020587_23392994.jpg御殿内で順路から外れて奥へ行ってみた。すると、こんなものが。よ~く見たら昔のトイレ!あらら~、いいや、撮っちゃえ!”撮影禁止”なんて書いていなかったもん。

d0020587_23423323.jpg台所内にあったおっきなまな板!これなら乱切りできそうだなあ~~。

d0020587_23433120.jpg驚くなかれ。沖縄本島では町の中でもごくまれにハブが出るそうだ。新都心といわれているおもろまちにもハブが出たらしいよ。むやみに茂みの中へ入らないようにしよう。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-15 23:45 | photo

2日連続読谷村へ・・・

日曜日もまた読谷村へ・・・(汗)
朝、読谷村に住む知人からメルがあって、「今日まで読谷村まつりがあるので遊びに来ない?」という内容だった。
昨日も読谷村へ行ったんだよな・・・うむ。
と、迷ったが行くことにした。

サグロ号に乗り込み、読谷村へまっしぐら!つい昨日通ったばかりなのでルートは覚えている。日曜日のおかげか、スムーズに読谷村まで行くことができた。

読谷村役場の近くにサグロ号を止め、知人と待ち合わせて屋台があるところをブラブラ。
知人が読谷村のある会合のメンバーの一人でその会合が食べ物の出店をやっていたので、そこへ寄ってみる。
すると、おおおお!下記のような豚ちゃんが横たわっていた。
d0020587_23135555.jpg
わてがトンちゃんでござる。


d0020587_23265398.jpg
トンちゃんのちょっとアップ顔。


このトンちゃんの「ぶた焼(ライス付)」は豚肉とキャベツを味噌味でいためたものだが、これがまた美味!!平らげました。さすが、肉屋さんが作ったものはうまいと思った。

しかしですね、2日続けて那覇から読谷村の2往復は疲れますだ・・・。サグロ号よ、Kカーながらもよくぞ頑張ってくれた。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-09 23:35 | photo

思い立ったら吉日その2

今日、自宅のPCがおかしくなり、あれこれ試してみたけどもう絶望的、再セットアップしちゃいました・・・。最悪・・・。てなわけでブログ更新が遅くなってしまいました、ごめんちょ。

続きです。

座喜味城跡に着いたらば、青い空と入り口のアーチがマッチしていてすんばらしい!アーチをくぐって、城跡に入ってみた。人間は自分ひとりだけ。わずらわしいツアー客(すんません・・・)なんて一人もいない!ワンダフル!
城跡の高い所に立ってみた。天気がよかったので残波岬、北谷、遠いところは浦添市まで望むことができた。
そこでしばし王様気分に浸った後、城跡を後にする。

さて、次に向かうところは・・・やちむんの里だ!
またサグロ号に乗り込み、座喜味城跡からそう遠くないやちむんの里へ向かう。やちむんの里とは、読谷焼を作る工房があって、それぞれ制作者の名前を出した店がいくつか集まっている。ギャラリーももちろんある。
やちむんの里の駐車場に車を止め、4月に訪れた「ギャラリー 森の茶屋」へ向かう。遅い昼飯をとるために。

店内に入って、テーブルに着くと・・・ママさんがお冷を持ってきてくれ、
「あなた、前にも1回来たことがあるんでしょ?」
と話しかけてきた。

わっ!覚えてくれたんだ!!

「ええ、4月に来ました。」というと、
「ああ、やっぱりそうだー。なんか見覚えがあるなと思ったのよ」
ふたりで「ははははは」
私が最近車を買ったんで、遠出しようと思って那覇からここまで来ちゃいました、というと、
「え?那覇から?遠かったでしょう。」と言って、席を立ち、3個位の読谷焼のコップを持ってきてくれた。
はて?と思うと、
「この中から1つ選んで。マイカー購入祝いよ」

わお!!!感激!!!

私は「いやいや、お気持ちだけでもうれしいです」と遠慮したけど、結局その中の1つ、茶色いコップを選んだ。

そして、ほかのお客様が来るまでしばらく58号線、交通事情について談話。
注文したソーミンチャンプルーを平らげた後、精算をしてもらった時、ママさんが
「そうそう、これ、お守りに使ってよ」
と、またシーサーのついたキーホルダー?をいただく。

ううっ。感激・・。こーんな温かさ、しばらくぶりだよぉ~~~。
ママさん、また遊びに行きますね~~。

てなわけで、やちむんの里を後にし、シーサーのお守りに守られて那覇へ戻ったのでありました。ちゃんちゃん。

携帯電話のカメラで撮ったので画質が雑です。すんまそん。
d0020587_20432156.jpg座喜味城跡のアーチ(入り口)。このアーチがたまんなくいいんだよなあ~。

d0020587_20443823.jpg建物の跡が見える。実際に見ると案外建物が小さかったんだなあと驚く。

d0020587_20473031.jpg城跡内からみた城壁と青空。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-08 20:52 | photo
今日は突然「ドライブだっ!」と車に乗ってドライブに出かけた。
あ、その前にこのブログでは公開しませんでしたが、10月に中古車を購入しました。はい。

朝、もそもそと起き上がり、空を見上げた。空は雲が漂っているが青い。
突如、「今日はドライブっ!」となぜか思い立ち、いそいそと着替えて朝飯を食べてマップを片手に家を出た。
車、名付けて「サグロ号」に乗り込み、「さあて、どこへいくべ?」とマップを眺めた。
沖縄本島全体から中部あたりに目が行った。中部といったらポピュラーなエリア、北谷でしょ。北谷といったら、サンセットビーチでしょ。
ということで、とりあえず、サグロ号を発車させオキナワでは交通量の激しい58号線を北上。

那覇市内だと横暴で突然割り込みが大好きな?タクシーが多く神経を使う。しかも、特に58号線は路肩駐車が多い。
那覇市を抜けるあたりでは米軍基地が左手に現れる。この辺に来ると観光客は「オキナワに来たんだなあ」と実感するのではないだろうか?
浦添市を抜け、宜野湾市に入ると、横文字の店が増える。建物もコンクリート建てで、看板なんかもペンキが剥がれ落ちているところが多く、なかなか味がある。路肩駐車がもっとも多いところだ。なかなか面白いお店が多い割には駐車場を用意していないところが多い為だ。この辺に来ると「Y」ナンバーの車が増える。ヨコハマでも時々見かけた「Y」ナンバー。「Y」ナンバーとは何かというと、まあ、米軍基地関係者の車?とにかく所有者は日本人ではなく外人さん。
北谷町に入る頃になると今度は右手に米軍基地が見えてくる。でかいなあ。
もうすぐ自分が目指す北谷のサンセットビーチだ。美浜あたりで左折し、ジャスコの駐車場を目指してそこにサグロ号を止める。

そして、スタバでアイスコーヒーを買って、サンセットビーチへ。
オフシーズンのせいか、人影もまばら。しかし、風が気持ちよくそこでぼーっと過ごす。
今の時期が一番気持ちがいいのではないだろうか?不愉快な湿気もなく、厚着する必要もなく過ごしやすい。
しばしそこで休憩し、さあて、サグロ号に戻るかと駐車場に向かった。

しかし・・・このまま帰るのか?時計を見ると12時過ぎ。せっかくここまで来たんだ。この際どっかへ行こうではないか。

またサグロ号に乗り込み、マップを眺めた。今度は「読谷村」という文字が目に入る。よし、次はここだ。せっかくなので世界遺産の座喜味城跡へ行こう。

サグロ号を発車させ、再び58号線を北上。この辺にくると、交通量も減り、走りやすくなる。
カーオーディオから流れ出る音楽にノリノリしながら座喜味城跡へ。

---続きは明日・・・(笑)---
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-05 23:35 | 日記
オキナワには「マブヤークミ」という儀式がある。
「マブイ」それは簡単に説明すると人間の体に宿っている魂のことで、何らかで大きな衝撃を受け、「マブイ」が体の中から抜け落ちて人間は腑抜け状態になったり、精気がなくなり衰弱してしまうことがある。そういう状態に、ユタ(オキナワの巫女)にお願いして「マブイ」を体に戻す儀式を行うことを「マブヤークミ」と言うそうだ。
「マブイ」を落としてから3日以内に「マブヤークミ」を行うことが望ましいらしい。

ある意味、厄払いみたいなものでそういう風習が今でもオキナワでは昔から続いているらしい。

そういや、自分も5年位前に波照間島へ訪れた折、レンタサイクルで島内巡りをした。その時、雨に降られて突然タイヤが滑ってコケたことがあったが、そのときの私の状態はまさに「マブイ」が落ちた状態であった。思いがけないハプニングにショックのあまり、しばらく動けなかった。「たかが自転車でコケるなんて・・・」という思いで。
それ以来、波照間島に自分の「マブイ」を置いたまんまなのだが・・・今から「マブヤークミ」を行ってももう遅いのだろうか???
それより内容が浅すぎてユタにも相手にされないのかもねえ・・・?
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-03 20:51 | 日記

シーサー

最近、夜は冷え込むようになりました。これからオキナワへ観光に来る人は必ず長袖を持ってきてくださいねー。

こないだの週末は久々に東京から友達が遊びに来てくれて、彼らとほとんど行動をともにしたので久々に観光気分を味わった。
なるほど、観光客と一緒に行動すると、「あー、ナイチャーはこういうところに着目するのかー」と再発見?することが多い。
例えばだ。オキナワのアパートやマンション等の住宅の入り口にはシーサーがついているところが多い。私自身それは見慣れた光景だが、ナイチャーには新しく見えるのだろう。

シーサーとは獅子のことで、基本的にはオスとメスが一対になっており、区別は何かというと口を開けているのがオス、口を閉じているのがメス。シーサーは家を守るための魔除けとしてオキナワの赤瓦の家の上に乗っけていたり、アパートやマンションではエントランスの壁に張り付いていたり門に鎮座しているところもある。

今、私の周囲では米子焼のシーサーが人気らしい。カラフルだし、いろいろな表情のシーサーがあって、若者向けなのかも?
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-01 23:28 | 日記