オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー

<   2005年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

夏にうってつけの番組

本日も雷雨の土砂降り。いわゆるスコールってやつですね。南の気候らしくよろしい。ま、夏の抒情詩ですね。

今夜、ローカル放送局で「オキナワノコワイハナシ」をやっていた。
これもまた、まさに夏にぴったりの内容。
自分はお化けを直に見たこともないし、信じたいとは思わないが、「怖いもの見たさ」に勝てずついつい見てしまった。

1時間3本立てのオムニバス形式。そのうち1本目の内容はこうである。(ながら見なのでハッキリ覚えていないが)

ある村の少年Aが釣りに行こうと少年Bを誘う。いやいやながらも釣りに付き合う少年B。
浜辺にはサバニ(※)があった。少年Aはしめた!とばかりにそのサバニに乗って沖に出ようと提案する。仕方がなく少年Bもサバニに乗る。

時間は経ち、深夜になってしまった。
サバニはいつの間にか陸からずいぶん離れてしまった。ここは慌てず朝になるまで待つことにする。

眠りこける少年Bに、暇をもてあまし、水面を触る少年A。手を海の中へ入れてみると何やらからみつくものがある。はて?と見てみると人間の髪の毛らしきものだった。それを見てのけぞる少年A。
少年Bが目を覚ますと、少年Aが海の中へ落ち、おぼれかかっていた。よく見ると無数の腕が少年Aを海の中から引っ張っている。少年Bは助けなきゃと手を差し伸べようとするが、サバニの両側から無数の手が出てきてサバニを揺り動かした。もう少年Bにはどうすることもできない。
海のかなたを振り返ってみると、はるか向こうから白装束集団がこちらに向かってやってくる。黄泉の国からやってきたお使いのようだ(あくまでもうちの想像だが)
白装束集団がやってくる前に何とかしなくては、と少年Bはそう思ったのだろう、サバニにたまたまあった木の棒を十字に組み立てて、自分の着ていたTシャツを着せ、人間らしく作った。それをぽーんと海へ投げる。すると、無数の腕がそっちの方へ向かっていった。少年Aを引っ張っていた無数の腕もそっちの方へ向かったために少年Aは解放され、何とかサバニの方へ戻る。
少年たちは白装束集団にここに人間がいることを悟られないように、サバニの底に身を伏せる。必死に無事に白装束集団が通り過ぎるのを横目でちらっと見ながら祈った・・・。

そして、少年たちが気付いた時は翌朝で、サバニは陸の方へ向かっていた。

という内容だった。
ローカル放送局が作ったとは思えない迫力のあるドラマだった。「うわーっ!こわーい!」とかじゃなくて、心底ぞっとくる内容であった。実際、2話目もまた怖くて、クライマックスシーンでは「ひっ!」と声を上げてしまった。
内地にも「本当にあった怖い話」という番組があったと思うが、表面的、外観的怖さばかりが強調されていたような気がする。

しかしねえ・・・何もこの時期に放映しなくても・・・。
だって、向かいのマンションの部屋、いつもなら電気がついているのに、今日は真っ暗なんですよ・・・・。おそらく旧盆でどっか親族の集まりに出ているのかもしれませんね。でも不気味っす・・・。

ちなみにドラマの怖い話はフィクションだそうです。

余談。お盆、お盆を過ぎたあたりには水場へ近づかないようにしましょう~。黄泉の国に連れて行かれてしまいますよ・・・。かの細木数子もおっしゃっています。「お盆には海、川に近づくな!」と。

※サバニ=オキナワの伝統漁船。細長いボートとイメージしてください。
[PR]
by wildflower96 | 2005-08-18 21:44 | 日記

天変地異?

今日も本土はかなり揺れたようです。震度6。宮城県沖が震源地だそう。
被害のひどかった土地の方は大丈夫かな?
他にも四国は水不足。東京都中野区はゲリラ洪水。

そして、オキナワ。
今日は雷がすごかったです。

・・・・・・。
ま、雷が鳴っただけでどこも被害は出てはいないんですけどね。

明日からオキナワでは旧盆「ウンケー」が始まります。よって、企業はほとんどお盆休みに入るそうです。お盆休みといっても明日から始まり、17日、18日、19日の3日間だけです。17日夕方には家に帰っていないといけないとか。お正月に帰郷しなくてもお盆には必ず帰ってくる人もいるらしい。

内地ではお盆を過ぎたら少しずつ秋めいてくると思うけど、こちらはまだまだ当分暑い日が続きそう。
[PR]
by wildflower96 | 2005-08-16 20:58 | 日記

初体験!紅型作り

昨日、日曜日は体験学習「紅型作り」に参加した。

場所は国際通り沿いにある「てんぶす那覇」。そこでは紅型の他に織物、陶器作り等いろいろなオキナワ伝統工芸物作りを体験できる場所である。

d0020587_22213817.jpg紅型とはオキナワ独自の色挿しの型染めで、琉球王朝時代では貴族しか身につけられなかったが、だんだん一般庶民にも普及されるようになる。左画像が紅型。

体験学習ではすでに型取りしてある布にその上から赤・青・黄・緑・紫・ピンク等の色を自由に色付けし、隈取りした色をつけてぼかしていく。それだけである。チョー簡単でござる。

説明を聞いた段階で「めちゃ簡単じゃん。楽勝楽勝♪」と内心ほくそ笑んだが、いざはじめるとなると色が限られていることもあって、「どういう色の組み合わせがいいんだろ?」とうーんうーん悩んでしまった。
その結果、悩むのをやめ、心のままに?色をつけてさっさと終わらせた。
これが私の作品(シーサーの絵)だーっ。
d0020587_22145759.jpgこれは完成品ではありません。えっ!?これが紅型?と誤解しないでおくれ。色付けが終わった直後。

色付けが終わったら「完成」ではないのだ。
さらに3日間干す。
  ↓
ドライアイロンで伸ばす。
  ↓
60度のお湯に3時間つける。
  ↓
また新しいお湯と取り替えて1時間つける。
  ↓
強いシャワーで完全に糊を洗い流す。
  ↓
ドライアイロンで伸ばしてやっと完成。

・・・・なんと気の遠くなる作業過程・・・・。
正直、こういうややこしい作業は大雑把な自分には向いていない。
おそらく・・・・・・・せっかく作った紅型は永遠に完成することなくお蔵入り?
うーん、どうしよう。

d0020587_22205024.jpgこの方はとても丁寧に色付けしていました。私のとは大違いッス。
[PR]
by wildflower96 | 2005-08-15 22:25 | photo

小さな島の静粛

先週、竹富島や波照間島へ行った時、姉が「ほんとに人が住んでいるの?」と訝しげに言っていた。
無理もない。昼間、自転車で島内巡りをした時めっちゃ暑い外を出歩いているのはほとんど観光客だけ。住民はぜんぜん見かけない。強いて言えば民宿で働いている人は港への出迎え等で外を出回っているが、一般住人は全然見かけなかった。
集落のあるところへ行った時は、本当に動いているものといったら、我々と、風に揺れる植物だけで後は微動すらしなかった。
波照間島なんかは、お昼過ぎに一人で買出しに自転車で人気が感じられない集落を回ったとき、本当に生きているものといったら自分だけという感じでちょっとだけ不安になったりもした。脳裏をあるドラマのシーンがちらっと横切る。

拍子抜けされそうだが、それは小学生のときに見たアニメドラマ「どらえもん」である。のび太が周囲にけなされたり、怒られたりして、悔しくてたった一人だけになれる世界へ行ける道具を見つけて、のび太は本当に自分ひとりだけになれる世界へ行った。そこでは、売店でお菓子を食べ放題、ゲーセンでゲームし放題、何でもし放題、のび太はウハウハだった。が、どんどん日は暮れ、のび太は一人だけでいるのに飽きてしまい、黄昏の中、家の屋根に座り込みながら暮れていく夕日を見つめ「みんなと会いたい・・・」と涙するシーンがあった。(この時、小学生だった自分はのび太に感情移入してしまって号泣してしまった・・・・・。)

それを思い出してしまい、「なんだかんだ言って、人間は一人では生きられないんだよなあ」とちょっとだけセンチになってしまった。
[PR]
by wildflower96 | 2005-08-13 14:15 | 日記

ヤギが鳴くと雨が降る?

オキナワではヤギが鳴くと雨が降るといわれているらしい。

よく考えてみたら、先週の波照間島でチャリンコに乗って島を回ったとき、姪のみのちゃんが
「今、あっちの方でヤギがメェ~っと鳴いているよー」と言っていたら、翌日から曇模様、翌々日から台風が近づいて飛行機も飛ばなくなったもんなー。
ヤギって、いつも食べているばかりで鳴いているところをあんまり見かけないような?人が現れるとキョトンとした顔で見るし。

オキナワではヤギが鳴くと雨が降る。俗説かもしれないけどまんざらうそでもなさそう???
[PR]
by wildflower96 | 2005-08-10 21:30 | 日記

エイサー祭り

先日日曜日、1年に1回国際通りで行われるエイサー祭りを見物。

エイサーとはオキナワの盆踊りの総称、沖縄本島の各地で旧暦のお盆の頃に若者がさまざまな民謡曲にあわせて太鼓をたたきながら舞い踊り、それにあわせて女性の手踊りが加わる。
こないだの日曜日では、各地の青年会ごとに分かれてそれぞれのスタイルでエイサー踊りを披露していた。
こないだの日曜日で初めて本格的なエイサー踊りを見たのだが、イケメン、かわいい子揃い!ガイジンさんもかわいい子を見つけては「一緒に写真を撮ろう!」とわーわーエキサイトしながらお願いしていた。
うーっ。もっと早くオキナワに来ていたら自分もエイサー踊りに加われるチャンスがあったのに。(それも太鼓踊り。かっこいいんだよー。)

見物が終わった後、みんなで公設市場へ。
売場で買ったものを2階の食堂へ持っていくと、その場で調理してくれて食べられるという。ハリセンボンと青い魚を購入、2階の食堂へ。
できあがったものはなかなかおいしかったが、それよりもおいしかったのがチャーハン!!そこの食堂は台湾?中華系?移民が経営しているらしく、働いている人の半分はあきらかに日本人じゃないとわかる。そのためか、チャーハンはめちゃうま!!今度暇を見つけてはそこへ足を運んでチャーハンを食べようと思ふ。

d0020587_22364773.jpgイケメンたちの太鼓踊り。


d0020587_22503311.jpg女踊り。暑い中踊り続けたからお疲れモード?


d0020587_22383557.jpg国際通りの公設市場にある、昔ながらの食堂。台湾や香港を思い出すなあ。都会ではまったく見られません。


d0020587_22414150.jpg前にあるのがハリセンボン。鶏肉の味に近かった。後ろが得体の知れない魚!?魚のうろこが青かったやつ。名前は忘れた。ゴメン。
[PR]
by wildflower96 | 2005-08-09 22:51 | photo

台風

今、沖縄病にかかっていまする。八重山諸島から帰ってきてからはずっとあのきれいな海、ゆったりとした時間が頭から離れなくて大変どす。
「沖縄にいながらにして何を贅沢言うか!」
と、ヤジが飛んできそうですが、やはり自分の住まいがある那覇は町です。ぜんっぜん違います。

はふぅ~っ。

話は変わって。
先ほどローカルニュースで、台風9号「MATSA(マッツァ)」が先島から抜けたらしく警戒解除されたようだ。
本日、ウチナンチューとメルのやり取りをしていて、
「台風で外はいろんな物が飛んでいます。外出の際はご注意くださいね」
はぁ、外はいろんな物が飛んでいるのかぁ。
「いろんな物」というあたり、オキナワの台風の凄さがうかがえる。台風が来るとちょくちょく停電が起こるみたいだし。(停電に強い地域が与那原町らしい?)

実は、ここオキナワに移住する際、いろんな人から台風について脅されたものである。

「物干し竿はしっかりとひもでくくるか、外してベランダにおくかした方がいいよ。でなきゃ、強風で飛ばされて部屋の窓を割ることもあるからね」(友達)

「玄関のポスト(新聞受け)には中からしっかりとテープを張らないと、雨水がなだれ込んで玄関がびしょびしょになるよ」(友達)

「部屋の排気口はしっかり塞いでね。雨水がざーっと入ってくるよ」(不動産)

「玄関のドアを開けるとき十分気をつけないと。強風でドアにはさまれ指を切断した人もいるからね」(役人)

「やむ得ず外出する時は、曲がり角には気をつけろ。横から何が飛んでくるかわからないから」(知人)
エトセトラエトセトラ・・・。

これで「台風?びびらなくても平気さー」と言われるほうが無理があるぜ。

おまけ:先述のウチナンチューとのメルのやりとりで言われてしまいました。
「台風も停電も楽しみ方次第でいろいろ楽しめるかもしれませんね。でも遊び半分で海なんか行っちゃだめですよ
・・・うむ?あたしは遊び半分で海へ行くような人間に見られたってこと?(汗)
[PR]
by wildflower96 | 2005-08-05 20:42 | 日記

恐るべし台風の威力。

現在、石垣島、宮古島は暴風域に入っているらしい。いや、すでに通過しているのかも?
そのあおりで那覇市内も強風が吹いている。時には大雨。

夕方、外にいたらものすごい突風が吹いてきて、さしていたビニル傘がぼきっと裏返してしまい、使い物にならなくなった。すると、雨を真正面からもろに被ってしまい、びしょぬれになってしまった。

内地、東京やヨコハマでいえば台風レベルなのだが、ネットで調べてみると沖縄本島は台風の暴風域ではなく強風域に入っている。はぁ、ケタが違うぜ。東京・ヨコハマでは暴風域がオキナワじゃ強風域になっちゃうもんなあ。これから台風シーズン。どきどき・・・・。

かと思ったら、数分後には風も穏やかになってしまった。イマイチ、オキナワの天候にはまだ慣れません。

ちなみに今回の台風9号のアジア名は「MATSA(マッツァ)」だそうです(笑)
[PR]
by wildflower96 | 2005-08-04 20:41 | 日記

日常からの脱出

久々に旅に出た。
今回は姉ファミリーと一緒に八重山諸島の石垣島へ。

那覇空港で東京から飛んできた姉ファミリーと待ち合わせ、同じ便に乗り込み1時間弱で石垣島へ飛ぶ。相変わらず石垣空港はちっちゃな空港だった。

翌日竹富島、3日目に波照間島へ。
姪や甥にはとにかく竹富島の集落と波照間島の海を見せたかった。この暑い中、懸命に自転車で島内を回ったチビたちはえらい!!

マンネリな日常から脱出するには旅が一番。八重山諸島のきれいな海を見ていたら、それまでの悩みや不安なんて吹っ飛んでしまう。

d0020587_17555847.jpg竹富島は花に包まれていた。

d0020587_17574541.jpg三線(※)の音とともにゆっくりと牛車にゆられながら島内めぐり。
※さんしん=三味線

d0020587_180627.jpg日本最南端の岬。波照間島の海の向こうには異国があるのだ。

d0020587_181559.jpg波照間島の海はきれいな色の絵の具を溶かしたようでサイコー!ただボーッと見つめているだけでも心が洗われます。

八重山諸島から帰ってきた今、オキナワにいながらにして沖縄病にかかってしまった私っていったい・・・?

明日から石垣島は台風で大荒れになる模様。今回の旅は超ラッキーだった!!しかも、今TVを見ていたら、石垣島周辺の離島を結ぶ船便は欠航。那覇と慶良間を結ぶ船便、沖縄周辺の航空便も欠航。これから旅行する人がかわいそう~・・・。
[PR]
by wildflower96 | 2005-08-03 18:23 | photo