オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー

カテゴリ:photo( 32 )

先日、帰省先のヨコハマから戻ってきました。
ヨコハマではダウンジャケット姿。しかし、オキナワに向かう機内でダウンジャケットをたたんでバッグにしまい、長袖Tシャツ1枚になる。
寒いかな?と思ったが、長袖Tシャツ1枚でもぜんぜん平気。やっぱりオキナワは南国だなあと実感。

さて、昨夜、久々にうちなーんちゅのちゅらちゃんと再会。その時に、オキナワに伝わる伝統料理?菓子?「ムーチー」をもらった。
ムーチーとはなにか?
旧暦12月8日(今年は1月7日)に、厄払いとしてムーチー(「鬼餅」と書いて「ムーチー」と呼ぶ。)を作り、仏壇やかまど、神棚などに供え、家族や子供の健康を願う伝統行事があるらしい。
そのムーチーをはじめて食べてみた。
受け取った時はビニル袋に入れてあったのだが、かすかに月桃のにおいが漂ってくる。ムーチーは月桃に包まれており、あけてみると紅芋のムーチー。(写真ご参照)
口に入れてみると月桃の香りと共にもちもちとした感触が。おいしい!パクパクときれいに平らげてしまった。
d0020587_2255142.jpg月桃に包まれています。月桃は虫除け作用があり、重宝されています。

d0020587_2257143.jpg紅芋のムーチー。もちもちとしていておいしい!ムーチーはデパ地下や国際通りの店で購入できますよ!
[PR]
by wildflower96 | 2006-01-14 22:59 | photo
遅くなってしまいましたが、あけましておめでとう!
今年も宜しくお願いします!

今、私はハマに帰省中。当然ですが、こっちの方がさぶい!!!羽田空港に降り立った時、吐く息が白くてびっくり!姉ファミリーに迎えに来てもらい、そのままハマへ。
初詣に行ったり、親戚のところへあいさつ回りに行ったり、おせち料理を食べたり、久々のグルメに舌鼓を打ったり。
このままじゃ、正月太りしそうな勢いなのでできるだけ朝夕は近所の公園を散歩することを心がけている。(いつまで続くだろう??)
その時、今冬の寒さが厳しいことがはっきりと公園に現れているんだなあと発見。携帯電話で写真を撮ったのでごらんあれ。(画像が悪くてごめんね)
d0020587_11223466.jpgぱっと見ると、雪?!と思ったけど、芝生が凍っていて白く見えたのでした。

d0020587_11233096.jpg霜柱の上に凍った落ち葉。霜柱を見たのは本当に自分が小さいとき以来かも?ここ数年、霜柱なんてぜんぜん見かけなかったよー。

d0020587_11245362.jpg公園の池がなんと凍っていた!!!うちの姪、甥はその上を歩いたらしい。よう割れなかったなあ。厚さが約4センチだそうだ。ちなみにうちが池の端でそ~っと足を乗せたら、なんとなく割れそうな・・・・・重くて悪かったわね~(笑)

d0020587_1128995.jpg姉の車。フロントガラスが霜で凍っています~~~。なので、車ででかけるときはまず暖めてから。
[PR]
by wildflower96 | 2006-01-05 11:29 | photo
3日目。この日は帰る日である。飛行機に乗り込む前に、ちょい西表島へ行こうかってことになって、さっさと朝食を食べてさっさと荷造りをして、そのまま西表島行きのフェリーに乗った。
相変わらずちょっとしたジェットコースターのように縦に揺れる。三半規管がおかしくなりそうだ。
30分ほどして西表島到着。
西表島は沖縄本島に次いで2番目に大きな島である。石垣島はその次に大きい。その為、自転車で回るのは無理がある。ということでレンタカーを借りて、島を走ることにした。
がっ!!西表島を走る道のほとんどを走ったが、景色は同じ。左手に山、右手に海。これが延々と続く。交通量もとっても少ないのでついついスピードを出してしまいがち。時々「動物飛び出し注意」という標識が現れる。

d0020587_1225474.jpg西表島の場合はイリオモテヤマネコがモデルになっている!北海道は鹿、または熊だったよなあ。こういうのは都会では絶対見られないので、ついつい写真を撮ってしまう(汗)

d0020587_124251.jpg途中で日本最南端の温泉、「西表島温泉」へ寄ってみる。あいにく始まっていなかったのでちょっと温泉らしきところをのぞいてみる。なんだか丸い浅いプールのようだった。ここは水着を着たまま入ることができるらしい。しかし、温泉に親しみ慣れている我々としては水着を着て温泉に入ること自体、邪道!?という意識がある・・・。水着を着て暖かいお湯につかるなんて・・・なんか気持ち悪くないか~~???やはり温泉はすっぽんぽんで入るのが一番だと思う。だが、ウチナーンチュは銭湯や温泉に他の人と一緒に入ること自体、抵抗があるらしい。(中には平気な人もいるらしいが)そらぁ、無理もなかべ。オキナワには温泉があまりないからなあ~~。

それから、レンタカーで星砂の浜、月ヶ浜へ行ってみる。オフシーズンのためか、人気があまりなく静かだった。が、星砂の浜では波がすごく荒く、オキナワではなく北の国、北陸や東北、北海道の海にいる気分だった。海そのものは冬の海だった。月ヶ浜では波が穏やかで静か。夏には来てみたいところ。
d0020587_12422638.jpg星砂の浜。沖のほうを見ると波が荒い。夏場ではスノーケリングができそうなところ。

d0020587_12432311.jpg月ヶ浜。砂がさらさらしていてはだしで歩くと気持ちよさそう。のんびりしたい時はここがお勧めかも?

帰りのフェリーの時間が近づいたのでまた折り返して港に戻る。
西表島は夏に来ると楽しいかもしれない・・・ですねー。それからカヌーや山登りも楽しめるそうなのでそっちの方が好きな方は一度西表島を訪れてみてください。ただし!たかが島、たいしたことはないだろうと侮ってはいけません!西表島では行方不明者が時々出るそうですから。探訪の際は気をつけて!ガイドもつけた方がベターかも。

こうして、ぬぼちゃんとの12月の八重山諸島紀行は終わった。ぬぼちゃんよ~、今度は晴れ女になって遊びに来てね~?!
[PR]
by wildflower96 | 2005-12-17 12:51 | photo
小浜島から石垣島へ戻るとまだ2時頃。あらら~~。どうしましょ。
ホテルで何かないかな~と案じていたら、「水中マリン」とかいうような名前のオプショナルツアーを発見。それは船に乗って、船底のガラスを通して海の中を見るというアレである。
スノーケリングをしたかったのだが、何せこの寒さである。スノーケリングができない代わりに水中マリンとやらをやってみようということになった。
主催のショップへ行って真っ黒に日焼けたおじさんに申し込むと、
「じゃあ、あそこのどこそこで待っててください」
と言われたので、そこへ歩いて行って待つと、そこにはすでにさっきの日焼けたおじさんがすでに来ていた。早っ!なんで?うちらがショップを出た時はまだショップにいたのに。よく見ると、車で先回りしたようだ。それだったら、うちらも乗せてくれよ~~~。
その日焼けたおじさんが、
「はい、どうぞ乗ってください」
え?お客はうちら2人だけ?!?!?
なんだかビミョーな気分になって船に乗り込む。

船は港を離れ、沖合いに出る。オキナワとはいえ、やはり海の上に出るとものすごく寒い。どうやら船がポイントに着いたらしく、日焼けた船長が
「下へどうぞ」
と言う。はい、いよいよか~と我々は船底へ降りる。
お~、ガラスを通して海の中が見える~~~。
我々は適当なところに座ってガラスの外を眺める。
岩と、あんまり色がないサンゴと時折出現する魚が見えた。
・・・・・・・。5分経っても同じ景色。
確かに船はゆっくりと旋回している。
が、どこを回っても同じ景色。
10分経過。
小さな魚の泳ぎ、サンゴのゆらぎをずーっと見つめているので睡魔が襲ってくる。
そろそろ、この景色飽きたんですけど・・・。
そのうちに、もうそろそろ上へ上がってもいいんじゃない?とそわそわし始める。
30分以上は経ったのだろうか。ようやく、船長が
「はい、もう上へ上がってください」と知らせに来る。
ほっ。
上へ上がると、冷たい風が顔に当たってちょっと気持ちよかった。
船は無事帰港。

感想としては、すでにダイビングやスノーケリングに慣れている人には水中マリン?アクアマリン?は物足りなく感じるのではないでしょうか・・・・??子供たちは大喜びするかもしれないですが。

d0020587_0242710.jpg他のお客様がいない!ま、独り占め状態でした。
[PR]
by wildflower96 | 2005-12-16 00:27 | photo
2日目。
小浜島へ行こうと決めてあったのでホテル前の港から船に乗って小浜島へ向かった。
しかし、小浜島って何があったっけ?
そういや、小浜島は数年前ヒットを飛ばしたNHK朝ドラマ「ちゅらさん」の舞台だったよなあ。
そう思いながら小浜島の地を踏んだ。
自転車で島内一周・・・・と思ったら、その日は風が冷たくめっちゃ寒くて、風を受けながら「ららら~~♪」と自転車でめぐる気にもなれなかった。そこで我々はレンタカーを借りた。ハンドルが微妙に曲がっているおんぼろ軽カーでとりあえず島内一周。
まずは、小高い丘があったのでそこに登ってみたら、目前に西表島がで~~んっとかまえていた。こんなに近かったんだな~。
d0020587_22151840.jpg西表島。間を流れる濃い青い部分がダイバーの間で有名なヨナラ水道らしい。マンタ遭遇率が高いって。うーむ。一度もぐってみたいなあ。悪天候だというのになんて海の色がきれいでしょう。

そして、またおんぼろ軽カーに乗り込んで回った。

・・・・。島内一周はあっけなく終わった。短っ!ま、しゃーないか。適当にぐるぐる車が通れる道を走り回った。

d0020587_22241697.jpg偶然見つけた「ちゅらさん」の舞台にもなった「こはぐら家」。

d0020587_22252559.jpg牛さんよ、牛さん。おくつろぎのところ申し訳ないのですが、道をあけてくれませんか。(実際は牛というより子牛でした。)

d0020587_22283793.jpgランチはここで食べました。石垣牛のカレーやハンバーグが食べられるよ!お勧め!

その日は本当に寒かったので自転車よりレンタカーで回る観光客が多かったです。

続く・・・。
[PR]
by wildflower96 | 2005-12-14 00:00 | photo

12月の八重山諸島紀行

こないだの石垣島での1日目の夜。
ぬぼちゃんとホテル近くのオキナワ料理居酒屋へ。ちょびちょびお酒を飲んでいると、隣のテーブルのおっさんが
「これ、食べきれないから食べてよ」
とお刺身の盛り合わせを差し出してきた。
お♪ラッキー♪
「ありがとうございま~す」
と遠慮なくペロリといただく。
そして、そのおっさんたちとお話をした。
おっさんたち4人全員石垣島の人だそうで、中には内地で働いていたが、また石垣島に戻ってきた人もいる。
「八重山諸島は沖縄で最高でしょう!?」
「ええ。ほんとにいいところですね。私たちはもう3,4回は石垣島に来ています」
いろいろ話を聞くと、おっさんだと思っていたら、実は私たちより年下だった・・・(4人のうち2人が。)これには驚きだった。
でも、本当にいい人たちで、
「こうしてお話できるのって大変すばらしいことだ」
と何回も感動していた(笑)
そして、居酒屋でおっさんたちとバイバイして、さあ、今度はどこで飲もうかと他の店を探していたらなんと、またそのおっさん(私たちより年下の方)2名とばったり。
これからライブに行くんだけどどう?と誘われたのでついていくことにした。

ライブ?うちのイメージでは小さなバーでこれから売り出そうとがんばっている若手無名バンドが演奏するところ・・・だよなあ?少なくともうちが行ったことがあるライブはそういうところだった。

ついていったら、ラウンジみたいなところで奥にステージがある。そこで、琉球時代の衣装をまとった中年男女3,4名が三線(さんしん)を奏でながら歌を歌っていた。そのそばでお客がカチャーシ(オキナワの踊り)を踊っていた。その踊りの輪にはゆうに70歳か80歳を超えていそうなおばあが踊っていた。深夜0時だというのに。本当にオキナワのおばあはパワフルだ。
その店のお客を見るとほとんどが地元客。
そして、私たちも踊りに引っ張られて仕方がなく一緒に踊ったのだが、結構楽しかった。

d0020587_23562053.jpgライブを行っていた店。ステージがなかったら、いわゆるホストクラブもしくはホステスクラブみたいなところ?おばあが楽しそうにカチャーシを踊っていた。ここでふと私は想像してしまった。沖縄本島にいるウチナーンチュ友達の老後を・・・?!

d0020587_013888.jpg石垣島を1周途中で発見した米子焼きのシーサーの工房及び直販所。若者に人気があるらしい。海人の店へ行くと必ず置いてあるよ。

続きは次回へ・・・。
[PR]
by wildflower96 | 2005-12-13 00:07 | photo

これはおいしいぞ!

私は石垣島にある川平ファーム製パッションフルーツのジュースとパッションフルーツのジャムがお気に入りである。
パッションフルーツとは南国のフルーツでちょっと甘酸っぱい。香りもまたすばらしい。
そのフルーツの100%ジュースとジャムが石垣島にはあるのだ。
え~っ、石垣島まで行けないよ~という方は沖縄本島の国際通りにある「わしたショップ」へ行きましょう。もう数ヶ月か前(?!)ですが、寄ってみたら川平ファームのパッションフルーツジュースとジャムが商品棚に並んでいました。
あ、わしたショップといえば東京の銀座にもありましたなあ。もしかするとそこにも置いてあるかもしれません。

画像が汚いですが・・・・。
d0020587_23555497.jpgこれがパッションフルーツ100%ジュース。

d0020587_2356494.jpgジャム!酸味がちょっと入っていておいしいよ~~。オキナワ病の先輩の紹介で初めて食べました。
[PR]
by wildflower96 | 2005-12-09 00:00 | photo
こないだの週末は久々に好天候だったので、ざくろ号とお出かけ。午前中に家を出て、まず北谷にあるサンセットビーチへ。
サンセットビーチでスタバのコーヒーを飲みながら、次はどこへ行こうかと観光客必需品ガイドブックを手にした。めらめらとページをめぐると、とてもきれいなビーチの特集が記載されていた。眺めていると、沖縄本島にもきれいなビーチがあることに気付く。これまでは沖縄本島以外の離島のビーチにしか興味がなかったのだが、実は沖縄本島にも離島のビーチに引けをとらないきれいなビーチがあるのだ。自分としては最近のお気に入りのルートはR58、R58でざくろ号を走らせたいな~と思っていたので、R58を中心にビーチを探す。

そして、ざくろ号に乗り込み、最初のポイント、渡具知(とぐち)ビーチへ向かう。渡具知ビーチは読谷村にあって北谷からはほぼ10~15分位で行ける。
たどり着いてみると・・・・。
渡具知ビーチのすぐそばの公園では何やら外人さんのグループがわいわいやっている。それを横目にすたすたとビーチへ。ちいちゃなビーチで、何組みかの親子グループが磯遊びしていた。砂浜ではなく岩浜のビーチ。ほぉ~~。しかし、私の好きなビーチ像からはちょっと離れているような。
d0020587_22381686.jpgここで磯遊びができます。スノーケリングもできるらしい。そこでプラプラしていたら、沖の方から外人さんダイバー2名が。それなりのスキルがあればダイビングができるらしい。

そして、次はミッションビーチへ。そこは恩納村にあって、名護ほど遠くはないが渡具知ビーチからは車でR58を北上して30分~40分以上はかかったはず。
恩納村に差し掛かったとき、いくつかのリゾートホテルが並んでいて、おお~、観光客御用達のホテルだ~~と訳もなく感動?実にここを通るのは数年ぶりだ。ここまで来ると、交通量もぐんと減って非常に走りやすい。ただ、この時期はツーリングのバイクが多く走っているので要注意。でも気持ちよさそうだ。特にハーレーなんかはR58に似合うぜ。

そろそろミッションビーチなのでわ?と思った頃に、左手に「MISSION BEACH」と書かれた看板が見えた。それを目にした時はすでに入り口に入らずにそのまま通過してしまったほど、見落としやすく目立たない入り口だった。看板そのものは派手だったけど。

ここは日本なのだから、英語ではなく日本語で書いてくれよ~~っ。

仕方がなくUターンして、入り口に車ごと入ってみる。
が!看板が英語だらけ、注意書きも英語。

・・・・・。ここは米軍専用ビーチ?

最初は躊躇してしまったが、「ええいっ、行っちゃえ!」と先へ進んでみる。
駐車場らしきところにざくろ号を止めて、小さな建物のほうを見てみる。日本人グループがBBQをやっていた。私を見ても何も言わないところを見ると、ここは別に米軍専用ビーチでもなさそうだ。
ほっとしながら、ビーチへ出向く。
ほ~・・・。なかなか私好みのビーチである。どことなく阿嘉島のニシハマビーチに似ている。規模はミッションビーチの方が小さいが。
d0020587_237175.jpg問題の入り口?!日本っぽくないよ~~。

d0020587_238107.jpg静かでなかなかいいでしょ~。でもブイが邪魔だ。(写真では見えないけど)

d0020587_2391984.jpgちょっと離れたところ。きれいっしょ!向こうに見えるのが名護市だ。

ミッションビーチで休憩してから、他のビーチへ行こうかと思ったけど、次の楽しみにとっておきましょということで、そのまま那覇へ。

渡具知ビーチ、ミッションビーチへ行って気付いたことだが、オキナワでは11月だというのに、BBQをやっているグループがいた。11月じゃ、内地では海でのBBQは寒すぎてできないと思うのだが。

※ミッションビーチは夏季期間(おそらく)入場料300円払うことになっています。渡具知ビーチは年中無料で入れます。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-29 23:22 | photo

はるばる遠路名護まで。

昨日は勤労感謝の日。
こないだに続き、昨日も突発的に一人ドライブした。目的地は沖縄本島北部の名護の向こう、ちゅら海水族館と今帰仁城跡。

ざくろ号に乗り込み、まず、ルート確認。最初、R58を通って行こうかのと考えたが、改めて沖縄本島全体の地図を眺めてみると「けっ、遠すぎ!」ということで、高速を使って行くことにした。出発前にざくろ号にえさを与え、いざ出発っ。

一人ドライブの友はまず、地図である。これはとても欠かせない。そして、音楽CD。一人ぼっちのドライブなのでノリノリ陽気な音楽がいい。

高速を通って終点許田ICを降り、名護市内へ。ここまでがほぼ1時間だ。R58からR499へ入り、本部半島を走る。しかし、あいにく曇り空。残念だ。
前を走っていた車が「わ」ナンバー。さてはちゅら海水族館だな。その車についていったら、ほんとにちゅら海水族館に到着。おお。祝日だったので「わ」ナンバーの車がずらぁ~~。

ちゅら海水族館内に入ってみた。最初は浅瀬で見られる生物の観察コーナー。そこは素通り。私の目的はメイン水槽である。かつて1回訪れたとき、優雅に回遊する魚たちの世界に引き込まれてしばらく眺めていた。その時は余計なことを考えずに済むことができる。自分が「無」の状態になれるひと時だと思ふ。
メイン水槽の目玉といったら、やはり、ジンベエザメでしょう。そして、マンタ。

d0020587_2247477.jpgジンベエザメがやはり迫力あるぅ~。

そこでぽか~んと魚たちを眺めること30分。視線をふと、底の方へ落とす。おや?あれは何なんだ???

d0020587_2250125.jpgこ、これは?サメ及びエイの休息所か?ご丁寧にも並んで休んどるぞ。しかもエイがサメの上にのしかかっている・・・。


ちゅら海水族館を後にして、ざくろ号は世界遺産の1つである今帰仁城跡へ向かった。やっと念願の今帰仁城跡だ。
小高い丘へ上って駐車場にざくろ号を止める。城跡へ向かおうとすると、たて看板が。そこには「入場料を受付で購入してください」
は?お金をとるの?!座喜味や勝連はお金を取らなかったよ~?城跡は沖縄県が管理しているのではなく、その地域が管理しているらしい。
チケットを購入して、今帰仁城跡へ。ここにも座喜味城跡のようなアーチがあって、アーチの向こうには階段が見える。おお、絵になるで~。

d0020587_2383829.jpgここが入り口。見えにくいけどアーチがある。

d0020587_23105556.jpgアーチの下を通ると、目前に長~い階段が。大変趣きがあります。階段の両側にはいろいろな植物が。

d0020587_23144684.jpg城跡内で一番見晴らしのいいところに立ってみた。これは「万里の長城ミニチュア版だ!」と思ったのは多分私だけだろうね(笑)

今帰仁城跡は座喜味や勝連のそれよりももっとも規模が大きかった。それぞれ、味わいが違ってなかなか面白い。ほんとにそれぞれ個性があると思った。
しかし・・・悪天候だったので今度はぜひ晴天のときにまた訪れたいと思った私だった。

城跡見物の後は今帰仁村歴史文化センターへ寄った。まあ、どこも似たり寄ったりだったが、(読谷村の座気味城跡にも同じようなものがあった)そこで看板猫となっているらしい、猫ちゃんが玄関ロビーにかしこまって座っていた。せっかくなので携帯電話のカメラで撮影してあげた。

d0020587_23232253.jpg猫ちゃんよ、君の大好物は何かね?と問いかけてみたら、「うんにゃ新鮮な魚だにゃ。」なんて答えが返ってくる筈もなく、猫ちゃんは何も言わずにゴロゴロ寄り添ってくるだけだった。


しかしですね、さすがに一人で那覇-名護往復ドライブはきつぅございました。悪天候だったし。今度はどこへ行こうかの。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-24 23:37 | photo

識名園

こないだ、まじめにオキナワの文化に触れようと、識名園へ。

識名園とは・・・簡単におさらいすると、これもまた世界遺産、そして国指定特別名勝の1つで、琉球王朝時代に造られた琉球王家最大の別邸であり、国王一家の保養や外国使臣の接待などに利用されたところでもある。
17世紀後半に造られたのだが、沖縄戦によって壊滅的な破壊を受けたために、1975年より約20年の歳月と約8億円を費やしてようやく復元。

識名園の入り口で観覧料を払い、順路通りに回ってみる。やはりというか、見学者は年配者が多い。年配者に交じって識名園内の至るところにある見所を見学。じっくり見学すると気がつくのだが、識名園は中国文化と日本文化の両方から影響を受けていることがわかる。
首里城と違って派手さはないが、観光でオキナワに来て、時間が余って困ったな~って時に識名園を訪れるとよいでしょう。1時間あれば十分回れます。他の見学者は30分そこらへんで回ったようです。

以下の写真は識名園でこんなものを発見!
d0020587_23352835.jpgこれが識名園の御殿(ウドゥン)。中に入ってみると王様の別宅にしては案外狭い・・・。

d0020587_23392994.jpg御殿内で順路から外れて奥へ行ってみた。すると、こんなものが。よ~く見たら昔のトイレ!あらら~、いいや、撮っちゃえ!”撮影禁止”なんて書いていなかったもん。

d0020587_23423323.jpg台所内にあったおっきなまな板!これなら乱切りできそうだなあ~~。

d0020587_23433120.jpg驚くなかれ。沖縄本島では町の中でもごくまれにハブが出るそうだ。新都心といわれているおもろまちにもハブが出たらしいよ。むやみに茂みの中へ入らないようにしよう。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-15 23:45 | photo