オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:日記( 119 )

Don't ask. Don't tell.

先日、偶然顔見知りの米軍勤務のアメリカ人と話す機会があった。
私はチャンス!とばかりに常々米軍について疑問に思っていたことをつたない英語で質問しまくった。(念のため言っておきますが、私の英語力は中学レベルです・・・。)
しかし、相手は実に物分かりのいいというか、察しがいい人だったみたいで、こちらのブロークン英語を理解してくれた。

私はある質問をした。
「ゲイは米軍に入れないと聞いたが、本当か?」
その人はしばし沈黙の後、
「私はそう思いたい。」
「え!?つまり、決まりではそうなっているけど、実際にはゲイもいるのか?!」
と聞いたら、
その人は紙にこう書いた。
「米軍にはルールがあって、”Don't ask. Don't tell.” だから、そういうことには触れないようにしている。」
なるほど。個人プライバシーを大事にするアメリカ。こういうルールが徹底的に布かれているらしい。
そして、その人がしばし沈黙した理由について、「私個人としてはそう思いたいが、それでは”差別”になるので、そのことを言っていいものかどうか・・・」と案じていたのだなとハッとして、興味津々で「ゲイなんかいたりする~?」と聞いた自分が浅はかに思えて恥ずかしくなった。それはアメリカ人と日本人のあらゆる人種差別に対する認識の違いを見せ付けられたような気持ちだった。

その後に、借りたDVD「ザ・ホワイトハウス」を久しぶりに鑑賞。その中に、政府機関の方で、「ゲイを米軍に入隊することを認めるか否か」という議論がなされているシーンがあった。その時に黒人の米軍機関の長官(議長だったかな?)が言った台詞はこうだった。
「何十年か前は黒人を米軍に入隊させると風紀が乱れるともめていた。しかし、今や黒人の私がこうしてトップに立っているのだ。」
何十年か後にはゲイも当たり前のように入隊できる時が来るのだろうか?
ゲイに関しては寛容のように見えたアメリカでも、実際にはそこまで寛容になっていないのだなと改めて考えさせられた。
[PR]
by wildflower96 | 2006-02-06 00:16 | 日記

稀少な大東犬

ニュースの特集で大東犬について放映されていた。
大東犬はあまり内地だけでなくオキナワ本島でも聞かない名前だろう。
大東犬というのは、オキナワの東、太平洋にぽっかり浮かんでいる南北大東島に存在する犬である。私自身は数年前から大東犬の存在を知っていて、犬好きの私としては機会があればぜひ大東島へ行って対面してみたいなあと思っていた。しかし!大東島というのは、石垣島や宮古島等と違って、本当に辺境(大東島の人、ごめんなさい)で、行こうと思ってもなかなか行けない。それに私にはこだわりがあって、行くならば行きは船便で、と思っている。なぜかというと、大東島は本当に太平洋にぽっかり浮かんでいて、周りは海。島だから当たり前だが、断崖絶壁に囲まれた孤島。そのため、船が岸壁に接岸できず、乗り降りはクレーンで乗客や荷物を載せたかごを吊るすとか。要するに私はそのかごに乗ってみたいのだ。(今も続いているのかなあ?クレーンでの乗り降り・・・)
そんな島にしかいない大東犬についてTVのニュースの特集に出ていたのだ。大東犬の特徴はずばり、短足。数年前流行ったコーギーと似たような感じかな。
その大東犬の短足の理由についてTVが述べたことによると、確証はされていないが、いくつかの説があって主なのが ・台風に飛ばされないため、 ・島が狭いため足が退化した、であった。しかし・・・台風に飛ばされないためなら、台風の通り道で有名な宮古島の犬はどうなるんだろ?

※南北大東島の歴史は浅く、最初に南北大東島を発見したのはメキシコに向かう途中だったデ・ラ・トーレというスペイン人。その後、1800年代かの有名なペリーが小笠原諸島調査の帰り、南北大東島に立ち寄ったという記録も残されている。そして、八丈島出身の開拓者が入ったのは1900年頃、今から約100年位前のことである。八丈島移民に続き、オキナワからの移民が増えたため琉球文化と日本文化がミックスされた大東文化が育まれている。
[PR]
by wildflower96 | 2006-02-02 20:00 | 日記
昨日、各プロ野球団がオキナワの至る所にキャンプイン。
正直、プロ野球にはあまり興味がないのだが、せっかくオキナワにいるのだから一度位は見に行こうかな。
オキナワにプロ野球団がキャンプインに来たら、経済効果が数倍に膨れ上がるとかどうのこうの・・・・。つまり追っかけファンがわざわざオキナワにやってきて、そのつながりで飲食店、お土産店等にお金を落としてくれるという方式ができあがる・・・?そんなにたくさんの追っかけファンが来るのかなあ?しかし、1ヶ月位前に内地からドラゴンズだったか日ハムだったか忘れたがファン(知人)がオキナワにやってくるという情報が入ったので、まんざらうそでもなさそう?
[PR]
by wildflower96 | 2006-02-01 20:38 | 日記

旧正月

昨日、日曜日はオキナワでは旧正月。
オキナワではこの日、親戚一同が集まって年始の挨拶をするらしい。正月を迎えてまだ1ヶ月たたないうちにまた「あけましておめでとう」と挨拶するとか。ということは子供たちは年に2回お年玉をもらえるということなのだろうか???
そして、スーパーマーケットでは旧正月のための食材や供え物等が売られていた。
オキナワの文化等の情報を簡単に入手するにはスーパーマーケットや食料品店、雑貨店をのぞいてみることが一番の方法だと思う。
オキナワだけに限らず、海外旅行で他国へ行ってその地域のスーパーマーケット等をのぞいてみるとその地域の文化がよくわかるので、私は時間が許される限りその地域のスーパーマーケットへ行くようにしている。
[PR]
by wildflower96 | 2006-01-30 23:59 | 日記

御願解き

こないだまで初夏の日差しだったのに、先日からまた寒くなってきました。まさに「三寒四温」。オキナワにもあるとは思いませんでした。

さて、今日・・・じゃなくて昨日はオキナワの暦では「御願解き」(ウガンブドゥチ)の日。
「御願解き」とは?
台所に祀った神様「火の神」(ヒヌカン)に1年間祈願した感謝をし、その祈願を解くための行事。これだけではイメージが浮かばないが、おそらく、台所に祀った神様にこの1年間の報告をしながら守ってくださったことを感謝し、台所の神様をきれいに掃除をするのかな?
今日、空き時間に食料品を買いにスーパーマーケットへ寄ったら、「御願解き」セットたるものが売られていた。それで初めて今日が「御願解き」なのだと知った。
オキナワに来ていつも思うのだが、オキナワというところは神様に近いところだ。

オキナワの暦は中国に伝わる暦と同じらしく、それによればもうすぐ旧正月。そのときもまた、正月と同じような賑わいになるとか。
ほんとにオキナワは行事が多いなあ。それだけ伝統を大事にする文化が今でも受け継がれているということなんですねえ。
[PR]
by wildflower96 | 2006-01-24 01:01 | 日記

オキナワの映画館

先日の夜、暇をもてあましていたので、突発的に映画館へ行った。面白いと聞いていた「Mr.&Mrs.スミス」を観るために。
映画館は内地のそれと変わりない。とりあえず、今公開されている映画をチェックし、それから受付へ向かった。希望の映画名と人数を伝える。ふと、金額のほうを見ると・・・
「大人 1600円 高校生・大学生 1300円 小学生・中学生 1000円・・・・」と書いてある。
えっ?大人が1600円?
確か東京やヨコハマでは1800円だったのでは?
調べてみると、オキナワではどこも大人1600円らしい。安い!
はて、他の地域はどうだろう?九州とかも1600円?

ちなみに、「Mr.&Mrs.スミス」は面白かったです。夫婦喧嘩がドンパチなんてあり得ないけど、それは別として外国でも夫婦間のコミュニケーションに悩むことがあるんだなあ(当たり前か・・・)とちょっと安心しました。
[PR]
by wildflower96 | 2006-01-22 23:00 | 日記
今日は大寒だというのに、オキナワでは最高気温が20度を超えている。大寒といえば、1年で一番寒い日。だが、私は数日前から半そで姿。
先日、会った人に「もう半そでなんだね」といわれた。しばし、私はきょとん。その日の最高気温は22度か24度だったと思う。太陽の日差しも初夏そのもの。よくその人を見たら、なんと、長袖のセーターの上にカーディガンをはおっていた。
うわっ!暑っ!
「暑くないですかぁ??」
と聞くと、苦笑交じりに
「暑いよ~」

でも、もしかするとめちゃ寒い内地から戻ってきたばかりの人間の方が気温差に敏感なのかもしれないな。
今、北海道出身の知人が北海道に帰省中。今頃は身を丸めて寒さに震えているだろうなあ。
そして、彼女が数日後ここに戻ってくる時は、こないだの自分のように「ここは暑い!」と言うかもねー。
[PR]
by wildflower96 | 2006-01-20 22:24 | 日記
ヨコハマに帰省して実家でくつろいでいた時のことだ。
姪のみのちゃん、甥のあっきーが寄ってきて、
「これ、やろうよ」
と『ニンテンドーDS』を私に見せる。
「いやいや、うちはそういうのはやらん。」
と言おうとした時。
そのニンテンドーDSを見たら、今、話題になっている「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」のソフトウェアが入っているのではないか。
これならやってみてもいいかな。
みのちゃんがその「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」に挑戦しているところを観察してみた。ふむ、ふむ。こうやってやるのかー。
今度は私が挑戦。
最初に暗算、次に記憶関係とあと一個内容は忘れたが全部で3種類をやってみた。
そして、結果が出てくるのを待つこと約3秒。
ついに画面に私の脳年齢の数値が出た。その数値は・・・・
53歳!!!
うそだぁ~~!アンビリバボー!
初めてだったので多少の戸惑いで素早く対応できなかった部分もあったとしても、この数値は私にとっては予想外であった。正月ボケゆえの数値と思いたくなった。
TVのニンテンドーDSのCMでは松島奈々子が挑戦した結果、「52歳」と出てきている。(彼女が実際にやってみたら56歳だったらしいが。)
現代人は便利な文明に依存していることもあってあまり脳を使わなくなってきているらしい。対策として、毎日その「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」についている毎日トレーニングをやっていれば、脳も若返るらしい。
それで、私の場合、毎日ではなく気が向いた時にやってみたら、2回目が44歳、3回目が36歳と私の脳は若返ってきた。
しかし、残念ながら3回目を最後にオキナワに戻ってきたので、今や私の脳はまた退化しつつあるだろう・・・・・。そのまま続けていれば今頃は20代前半、よくて10代後半になっていたかもしれない!?
[PR]
by wildflower96 | 2006-01-17 23:01 | 日記
宮古島で「もう夏だぁ!!」と勘違いしたセミが起き上がり、ミンミンなのかジリジリなのかわからんが鳴いたとか。そして、沖縄本島北部では八重桜が咲いた。それから伊江島では「マーナ」アブラナの一種の花が一面に咲いたとか。
てな訳で、ここオキナワでは夏が徐々に近づいてきているようです。
[PR]
by wildflower96 | 2006-01-16 23:14 | 日記

みのちゃん風邪薬事件

今日はとてもとても寒かった!実家の灯油ストーブがあまりの寒さでなかなか点火せず、昼過ぎにようやく点火。やれやれ。そして、夕方に塾へ出かけた姪のみのちゃんからメールが。「今雪が降っているよ~」道理で寒いわけだ~~。

さて、帰省生活?もだんだん慣れてきたこないだの夜、実家の一室で一人DVDを見ていると、メールが。

誰だろ?

と読むと、同じ家の階下にいる姉からのメールだった。
メールにこう書いてあった。
「みのちゃん、市販の風邪薬2種類を一緒に飲んでしまった。購入時に注意したのに全然話を聞いていない。あきれてモノが言えない。」

あらら・・・。様子を見てみようと階下に下りてみると、みのちゃんはママに怒られたらしく暗い顔でTVを見ている。
そして、私と姉が「違うメーカーの風邪薬を一緒に飲んだらどうなるんだろう?」とああだこうだ騒いでいる所を見たみのちゃんはメソメソ泣き始める。おそらく、こんな騒ぎになるほど危険なことなのかと思い知ったのだろう。
慌てて、私が「気にすることはないんだよ、今のところ身体に異変がなければ大丈夫だよ。」と一応なぐさめ?の言葉をかけるが、再び姉と病院へ連れて行くか?どうする?と騒ぎ始める(笑) より一層の不安に駆られたみのちゃんは布団をかぶったままメソメソ泣き続ける。
姉とも話したのだが、こんな時一番怖いのは、「ま、大丈夫だろう」と言って、そのまま寝て、翌朝起きてみたら、当人が冷たくなっていたり、昏睡状態に陥るというケース。
相談した結果、何があっては困るということで近所の24時間対応の小児科クリニックへ問い合わせることにした。
すると、当直医らしき人から「投薬後3時間経っているようだし、現時点で変なところが見られないようなので大丈夫だと思いますよ」と回答があったので、ほっと胸をなでおろしてそのまま床についたのであった。こうして、「みのちゃん風邪薬事件」は2時間半を経て解決した。

おかげで翌日、私は寝不足であった。
[PR]
by wildflower96 | 2006-01-06 18:51 | 日記