オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2005年 11月 03日 ( 1 )

オキナワには「マブヤークミ」という儀式がある。
「マブイ」それは簡単に説明すると人間の体に宿っている魂のことで、何らかで大きな衝撃を受け、「マブイ」が体の中から抜け落ちて人間は腑抜け状態になったり、精気がなくなり衰弱してしまうことがある。そういう状態に、ユタ(オキナワの巫女)にお願いして「マブイ」を体に戻す儀式を行うことを「マブヤークミ」と言うそうだ。
「マブイ」を落としてから3日以内に「マブヤークミ」を行うことが望ましいらしい。

ある意味、厄払いみたいなものでそういう風習が今でもオキナワでは昔から続いているらしい。

そういや、自分も5年位前に波照間島へ訪れた折、レンタサイクルで島内巡りをした。その時、雨に降られて突然タイヤが滑ってコケたことがあったが、そのときの私の状態はまさに「マブイ」が落ちた状態であった。思いがけないハプニングにショックのあまり、しばらく動けなかった。「たかが自転車でコケるなんて・・・」という思いで。
それ以来、波照間島に自分の「マブイ」を置いたまんまなのだが・・・今から「マブヤークミ」を行ってももう遅いのだろうか???
それより内容が浅すぎてユタにも相手にされないのかもねえ・・・?
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-03 20:51 | 日記