オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー

2005年 10月 26日 ( 1 )

私が住む地域の近くに、昔内地で言う「遊郭」だった地域がある。
その地域の近くに事務所があって、ちょい仕事が終わりぶらっと海の方へ行こうと気の向くままに歩いていったら、その地域にばったり入ってしまったことがある。今は風俗街になっていて、そこにたまたま足を踏み入れて気付いた時は「あれれれ~~~?」とびっくり仰天したが、「ま、いいや、社会見学(?)や」とそのままズンズン先へ進んでいった。
そこはいわゆるソー○○ン○(当ててみてください)が主に並んでいた。東京でも代表的なところでは新宿や吉原等にそういう風俗店がずら~っと並んでいるが、東京のと違うところがある。
こちらでは呼び込み係が店先の簡易イスに座っている。(東京でも看板を掲げて呼び込みをするバイトがうろついているところもあるみたいだが)
自分は海が目的地なので「ここには用はありません」といわんばかりにわき目もふらずにそのまま歩いていったら、呼び込み係のおじさんがこちらに向かって何やら話しかけてきた。それも一切無視して、「もううちのことはほっといてくれ」という態度を示して足早にそのままその場を去った。(今思えば、ちょっとそのおっさんと話して「今時のオキナワの風俗事情」を取材すればよかったか?)

その地域は昔の琉球王朝時代から太平洋戦争あたりまで「公設の色町」として存在していたらしい。だが、ある時期では日本でいう「遊郭」とはちょっと違うシステムになっていて、ちょっと手間がかかる手続きが必要だったようだ。いわゆる「コネ」がないとダメだったとか。(詳しくは各自調べてくださいませ。)

それにしてもびっくりしたなあ。その地域に入ったとき、普通の住宅地がいつの間にか風俗街に変わっていたんだもん。東京のは派手派手しているからなあ。
[PR]
by wildflower96 | 2005-10-26 00:37 | 日記