オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

稀少な大東犬

ニュースの特集で大東犬について放映されていた。
大東犬はあまり内地だけでなくオキナワ本島でも聞かない名前だろう。
大東犬というのは、オキナワの東、太平洋にぽっかり浮かんでいる南北大東島に存在する犬である。私自身は数年前から大東犬の存在を知っていて、犬好きの私としては機会があればぜひ大東島へ行って対面してみたいなあと思っていた。しかし!大東島というのは、石垣島や宮古島等と違って、本当に辺境(大東島の人、ごめんなさい)で、行こうと思ってもなかなか行けない。それに私にはこだわりがあって、行くならば行きは船便で、と思っている。なぜかというと、大東島は本当に太平洋にぽっかり浮かんでいて、周りは海。島だから当たり前だが、断崖絶壁に囲まれた孤島。そのため、船が岸壁に接岸できず、乗り降りはクレーンで乗客や荷物を載せたかごを吊るすとか。要するに私はそのかごに乗ってみたいのだ。(今も続いているのかなあ?クレーンでの乗り降り・・・)
そんな島にしかいない大東犬についてTVのニュースの特集に出ていたのだ。大東犬の特徴はずばり、短足。数年前流行ったコーギーと似たような感じかな。
その大東犬の短足の理由についてTVが述べたことによると、確証はされていないが、いくつかの説があって主なのが ・台風に飛ばされないため、 ・島が狭いため足が退化した、であった。しかし・・・台風に飛ばされないためなら、台風の通り道で有名な宮古島の犬はどうなるんだろ?

※南北大東島の歴史は浅く、最初に南北大東島を発見したのはメキシコに向かう途中だったデ・ラ・トーレというスペイン人。その後、1800年代かの有名なペリーが小笠原諸島調査の帰り、南北大東島に立ち寄ったという記録も残されている。そして、八丈島出身の開拓者が入ったのは1900年頃、今から約100年位前のことである。八丈島移民に続き、オキナワからの移民が増えたため琉球文化と日本文化がミックスされた大東文化が育まれている。
[PR]
by wildflower96 | 2006-02-02 20:00 | 日記