オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

みのちゃん風邪薬事件

今日はとてもとても寒かった!実家の灯油ストーブがあまりの寒さでなかなか点火せず、昼過ぎにようやく点火。やれやれ。そして、夕方に塾へ出かけた姪のみのちゃんからメールが。「今雪が降っているよ~」道理で寒いわけだ~~。

さて、帰省生活?もだんだん慣れてきたこないだの夜、実家の一室で一人DVDを見ていると、メールが。

誰だろ?

と読むと、同じ家の階下にいる姉からのメールだった。
メールにこう書いてあった。
「みのちゃん、市販の風邪薬2種類を一緒に飲んでしまった。購入時に注意したのに全然話を聞いていない。あきれてモノが言えない。」

あらら・・・。様子を見てみようと階下に下りてみると、みのちゃんはママに怒られたらしく暗い顔でTVを見ている。
そして、私と姉が「違うメーカーの風邪薬を一緒に飲んだらどうなるんだろう?」とああだこうだ騒いでいる所を見たみのちゃんはメソメソ泣き始める。おそらく、こんな騒ぎになるほど危険なことなのかと思い知ったのだろう。
慌てて、私が「気にすることはないんだよ、今のところ身体に異変がなければ大丈夫だよ。」と一応なぐさめ?の言葉をかけるが、再び姉と病院へ連れて行くか?どうする?と騒ぎ始める(笑) より一層の不安に駆られたみのちゃんは布団をかぶったままメソメソ泣き続ける。
姉とも話したのだが、こんな時一番怖いのは、「ま、大丈夫だろう」と言って、そのまま寝て、翌朝起きてみたら、当人が冷たくなっていたり、昏睡状態に陥るというケース。
相談した結果、何があっては困るということで近所の24時間対応の小児科クリニックへ問い合わせることにした。
すると、当直医らしき人から「投薬後3時間経っているようだし、現時点で変なところが見られないようなので大丈夫だと思いますよ」と回答があったので、ほっと胸をなでおろしてそのまま床についたのであった。こうして、「みのちゃん風邪薬事件」は2時間半を経て解決した。

おかげで翌日、私は寝不足であった。
[PR]
by wildflower96 | 2006-01-06 18:51 | 日記