オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

はるばる遠路名護まで。

昨日は勤労感謝の日。
こないだに続き、昨日も突発的に一人ドライブした。目的地は沖縄本島北部の名護の向こう、ちゅら海水族館と今帰仁城跡。

ざくろ号に乗り込み、まず、ルート確認。最初、R58を通って行こうかのと考えたが、改めて沖縄本島全体の地図を眺めてみると「けっ、遠すぎ!」ということで、高速を使って行くことにした。出発前にざくろ号にえさを与え、いざ出発っ。

一人ドライブの友はまず、地図である。これはとても欠かせない。そして、音楽CD。一人ぼっちのドライブなのでノリノリ陽気な音楽がいい。

高速を通って終点許田ICを降り、名護市内へ。ここまでがほぼ1時間だ。R58からR499へ入り、本部半島を走る。しかし、あいにく曇り空。残念だ。
前を走っていた車が「わ」ナンバー。さてはちゅら海水族館だな。その車についていったら、ほんとにちゅら海水族館に到着。おお。祝日だったので「わ」ナンバーの車がずらぁ~~。

ちゅら海水族館内に入ってみた。最初は浅瀬で見られる生物の観察コーナー。そこは素通り。私の目的はメイン水槽である。かつて1回訪れたとき、優雅に回遊する魚たちの世界に引き込まれてしばらく眺めていた。その時は余計なことを考えずに済むことができる。自分が「無」の状態になれるひと時だと思ふ。
メイン水槽の目玉といったら、やはり、ジンベエザメでしょう。そして、マンタ。

d0020587_2247477.jpgジンベエザメがやはり迫力あるぅ~。

そこでぽか~んと魚たちを眺めること30分。視線をふと、底の方へ落とす。おや?あれは何なんだ???

d0020587_2250125.jpgこ、これは?サメ及びエイの休息所か?ご丁寧にも並んで休んどるぞ。しかもエイがサメの上にのしかかっている・・・。


ちゅら海水族館を後にして、ざくろ号は世界遺産の1つである今帰仁城跡へ向かった。やっと念願の今帰仁城跡だ。
小高い丘へ上って駐車場にざくろ号を止める。城跡へ向かおうとすると、たて看板が。そこには「入場料を受付で購入してください」
は?お金をとるの?!座喜味や勝連はお金を取らなかったよ~?城跡は沖縄県が管理しているのではなく、その地域が管理しているらしい。
チケットを購入して、今帰仁城跡へ。ここにも座喜味城跡のようなアーチがあって、アーチの向こうには階段が見える。おお、絵になるで~。

d0020587_2383829.jpgここが入り口。見えにくいけどアーチがある。

d0020587_23105556.jpgアーチの下を通ると、目前に長~い階段が。大変趣きがあります。階段の両側にはいろいろな植物が。

d0020587_23144684.jpg城跡内で一番見晴らしのいいところに立ってみた。これは「万里の長城ミニチュア版だ!」と思ったのは多分私だけだろうね(笑)

今帰仁城跡は座喜味や勝連のそれよりももっとも規模が大きかった。それぞれ、味わいが違ってなかなか面白い。ほんとにそれぞれ個性があると思った。
しかし・・・悪天候だったので今度はぜひ晴天のときにまた訪れたいと思った私だった。

城跡見物の後は今帰仁村歴史文化センターへ寄った。まあ、どこも似たり寄ったりだったが、(読谷村の座気味城跡にも同じようなものがあった)そこで看板猫となっているらしい、猫ちゃんが玄関ロビーにかしこまって座っていた。せっかくなので携帯電話のカメラで撮影してあげた。

d0020587_23232253.jpg猫ちゃんよ、君の大好物は何かね?と問いかけてみたら、「うんにゃ新鮮な魚だにゃ。」なんて答えが返ってくる筈もなく、猫ちゃんは何も言わずにゴロゴロ寄り添ってくるだけだった。


しかしですね、さすがに一人で那覇-名護往復ドライブはきつぅございました。悪天候だったし。今度はどこへ行こうかの。
[PR]
by wildflower96 | 2005-11-24 23:37 | photo