オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

都会の満員電車

今日はひょんなことでウチナーンチュ数人から内地へ行って驚いたことを聞くことができた。

ほとんどが口をそろえて言うことは、やはり人の多さ。特に満員電車にはびっくりしたらしい。
確かにねえ~・・・。ここ、オキナワでは絶対に見られない光景です。オキナワに限らず地方から出てきた人は、都会の満員電車に思わず閉口してしまうすさまじさ?があると思う。小柄な人は押されて押されて身体が地から浮いてしまうことさえあるのだ。あるいは、身体が変な形に曲がってしまうことも。(意味わかるかなあ???)
もう混んで混んで、乗客は苛立ちを隠さない。ちょっと隣の乗客の肘が自分の顔に触れただけで「ちょっと、その肘何とかならないかね」と口には出さないが、そういう感情が顔に出てしまう人も多い。
OL時代、満員電車に乗って一番いやだなあと思ったのは、私より背の高い男性の鼻息が自分の顔にふりかかることだった。あれはとっても不快!!その日はもう朝からずーっと不機嫌になってしまう。
朝、満員電車に乗った時点でストレスのバロメーターが一気にアップする。会社に着いた時点でもうぐったり。そんな日も度々あった。

特にすごかったのは東海道線でした。(もっとすごいのは小田急線と聞いていますが)見知らぬ人とぴたりと密接しなければならない。東海道線に乗るときはいつも女性が多く並んでいるところを狙って一緒に並んだものだ。
痴漢も当然多かった。(痴漢に遭わなかったなんていう女性はいるのだろうか・・・・?)

電車から降りたら、急いでいる人はみんな走り出す。そんなところでぼやっとしていたら押されたり、見知らぬ人から「ちっ、ぼやぼやすんな!」とにらまれたりする。それで必然的に自分も急ぎ足になってしまうのだ。その癖が抜けていないらしく、先日「歩くのが早い」といわれてしまった。うーむ。

今日のウチナーンチュの「びっくりしたのは満員電車」という言葉を聞いて、ふっと自分が東京の会社にお勤めしていた頃の朝を思い出した私でした。
[PR]
by wildflower96 | 2005-09-12 22:52 | 日記