オキナワへ単身プチ移住-つれづれなるままに


by wildflower96
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

久々のヒット料理!

今日はホムペ制作関係で打ち合わせのために首里へ行ってきた。
首里は普段なかなか訪れる機会のない土地である。まず、クライアント(と、かっこよく使ってみました。)の事務所へ行くと、そこは狭い坂道をくねくね曲がった高台にあって、首里の街が展望できる・・・・ほどではないが、オキナワらしいコンクリートの一戸建ての集落が眺められるところであった。首里は古くからある町なので、新都心や私が住む町のように、オキナワなのに変な都会色が漂う雰囲気はまったくない。

クライアントさんの運転する車に乗って、西原町に近い山の中にポツンと建っている食堂へ向かった。その食堂は田舎でよく見かけるドライブイン・レストランそのものであった。観光客なら絶対目にしてても入らないところだと思う。

そこに車を止め、めっちゃ暑い外へ出てレストラン内へ入ってみた。中は満席で、案の定観光客らしき人は一人もいなかった。ほとんどのお客がガテン系のおっさん、青年ばかり。それを見た私は「ここは絶対うまいぞ!」と感じた!

ようやく空いたテーブルについて、豆腐チャンプルーを注文。
オキナワの大衆食堂は基本的に「ゴーヤチャンプルー」とメニューに書いてあれば、それはゴーヤチャンプルー単品ではなくご飯とお吸い物がついているのである。それを知らずに「ゴーヤチャンプルーとライス!」と注文した観光客が運ばれた料理を見て仰天。大盛りのゴーヤチャンプルーと大盛りのライス二杯がついていたのだ。これはとても食べられない、ということで無理に友達に分けたという実話がある。

運ばれた豆腐チャンプルーを口につけてみる。

うっ、うまい!!

「美味しい」とか「美味ですわね」とかじゃなく「うまい!」のである。
自分が女であることを忘れてガツガツ食べてしまう。
オキナワに来てから私のハートを射止めた久々のヒット料理であった!長い間ご無沙汰していた旨い家庭料理に出会えた!という感じである。
ただし、残念ながら量的に一般女性の許容範囲を超越していた為に半分残してしまった。本当に悔しい。他にも「田芋の何とか」、「ヒラヤーチー(韓国のチヂミのようなもの)」もちょっとだけ食べさせてもらったのだが、これも酒の旨いおつまみにふさわしい。

なるほど、これだけのガテン系が集まるのもうなづける。量的にも味覚的にもバッチリガテン系好み。しかもリーズナブル。

こういう旨いお店はウチナーンチュに連れてもらうに限る。これが今日得た教訓。
[PR]
by wildflower96 | 2005-07-12 21:32 | 日記